はじめに

枕を購入する際に相場がわからない方も多いと思います!私も購入する際にどの価格帯の枕を購入すれば良いのかわからないために困った経験をしました。

 

単純に自分の予算に見合った値段の枕を購入すれば良いのですが、ある程度の指標、目安くらいはほしいと思います!

 

実際に購入する際に「これは平均より高い枕んだ、低い枕なんだ」っという感じに一つの基準となると思います。素材ごとの値段の一覧を作りましたのでご覧ください。

 

 

枕の値段はピンからキリまで

楽天やアマゾンなど大手通販サイトを見ていると、枕の値段はピンからキリまであります!500円ほどの物もあれば4〜5万円する物まであります。

 

つまり平均的な価格を出すことはできません。素材ごとに見ていっても安い物は安いですし、高い物は高いという印象を受けました。

 

なぜここまで差があるかと言いますと、効果に関する商品だからです!効果をもたらす物はその購入者が満足することで、価値が生まれます。

 

その価値に対しては素材のコストうんぬんではなく、付加価値として値段に反映されるからです。要するに消費者は高くてもその効果に対してお金を払うということです!

 

世の中にはいくらかかってもその効果がほしいという方もゴロゴロいると思います。そのため、値段の設定がここまで違うというワケです。

 

 

ではどうやって相場(価格帯)を決めるのか?

単純に売れ筋商品の価格を見ていき決めることにしました。価格が高い、安いの感覚は人それぞれです。

 

また、極端に安い物や高い物が平均価格を変動させてしまいますので、売れ筋商品を中心に見ていけばだいたいの相場は見えてくると思いました!

素材別の相場 一覧

売れ筋枕の値段の相場 素材別一覧表 

 

※あくまで売れ筋商品の相場価格です!(実際にはもっと安い物や高い物もあります)

 

パイプストロー

1000〜4000円

ビーズ

4000〜7000円

コットン 綿

5000〜10000円

そばがら

2000〜12000円

羽毛

8000〜16000円

ポリエステル

2000〜4000円

ひのき

3000〜8000円

マイクロファイバー

2000〜3000円

ウレタン

3000〜12000円

高反発

10000〜20000円

低反発

5000〜20000円

気になる点

そばがら、羽毛、高反発素材の値段の幅が広いです。売れ筋商品を中心に絞り込んでもここまでの価格の差がでるのには驚きました。

 

パイプストロー、ポリエステル、マイクロファイバーの物は比較的に安価で購入できますね。

 

逆に羽毛、高反発、低反発素材の物は高くつくことが多いでしょう。

 

こちらの基準はあくまで、売れ筋商品を参考にして作成した物なので、実際はもっと安い物、高い物もございます。基準として参考にしてみてください!

店舗より通販で買う方が安い

店舗での商品はどの商品がおススメなのか、その対応する店員によっても違いますし、コストがかかっているため通販での購入をおススメします。

 

店舗販売では家賃や人経費などの経費が、どうしても商品の定価に影響してしまいので少し割高になってしまいます。

 

しかし、店舗では商品を触れるというメリットもあります。その時は店舗で商品を比べてみて、その後にネットで購入するのが良いかと思います。

 

店舗での販売でも、ニトリはかなり安いのでおススメです!最近ではホテルスタイル枕などが有名ですね。

安い枕ってどうなの?

枕を単純に買い換えたいなど理由の場合は安い物をランキングなどで調査し購入すれば良いと思います。

 

しかし

 

肩こりを治したい

 

いびきを改善したい

 

疲れが取れるように睡眠の質を上げたい

 

などの要望、こだわりがある場合はしっかりと値段の高い物を購入することをおススメします。

 

この場合の「しっかりと」とは、中途半端ではダメということです!中途半端な値段の物は一番失敗を招くことになります。しっかりと払う覚悟を持つことが大事です。

 

 

なぜ高い物を購入するのか

前述で売れるから付加価値として値段の幅があると記載しましたが、もちろん素材のコストもかなり影響しております。

 

単純に高ければ良いというわかではないですが、枕で効果を求めるなら素材の良い、高品質の物でないと実感できないと思います。管理人もいくつか枕を試した枕ジプシーですが、やはり品質の良い物は寝心地が別格に違います!

 

また、耐久性も優れており3年で買い替えなどではなく、中には10年持つものはあります。そう考えるとコスパはかなり良いと今では納得しております!

 

私のおススメの枕、マニフレックスのピローグランデがこちらの記事で記載されておりますので、お金に余裕のある方はどうぞ。

それぞれの素材の特徴

パイプストロー

 

素材は合成樹脂(プラスチック)でできているのがほとんどです。

 

メリット

 

価格が比較的に安い!

 

通気性が高い

 

寿命が長い(4〜5年)

 

洗濯機で丸洗いできるため、メンテナンスが容易い

 

素材の量、種類を変えることで高さ、寝心地を変化させることができる

 

デメリット

 

当たった感触が悪く、硬い

 

吸湿性はほぼありません

 

頭にフィットする感じはあまり得られません

 

おすすめできる人

おすすめできない人

硬い枕が好みの人

硬い枕が苦手な人

洗濯をして清潔に保ちたい人

肩や背中に痛みを感じている人

通気性の良い枕がほしい人

よく寝汗をかく人

価格を安く済ませたい人

寝ている最中のパイプの擦れる音が気になる人


 

ビーズ枕 

 

メリット

 

頭の形や首の高さにあわせて形が変化するためフィットしやすい

 

触り心地が良い

 

一部の物は丸洗いができる

 

寿命もそこそこ良い(1年〜5年)

 

デメリット

 

少し値段が高い

 

通気性があまりない

 

吸湿性も悪い

 

流動性が高く、安定しないため首への負担が大きい

 

おすすめできる人

おすすめできない人

ビーズの触り心地が好きな人

寝汗をよくかく人

硬い枕が苦手な人

寝返りをよく打つ人

フィット感えお重視したい人

通気性を重視する人

 


 

綿

 

ポリエステルなどの化学繊維をわた状に加工した素材

 

メリット

 

安価な物が多い

 

柔らかくクッション性に優れている

 

通気性もそこそこ高い

 

軽量性が優れている

 

デメリット

 

寿命が短い(2〜3年だが、ボリューム感がなくなるのはもっと早い)

 

弾力がなくなりやすい

 

吸湿性が悪く、蒸れやすい

 

ホコリが貯まりやすい

 

おすすめできる人

おすすめできない人

枕を安く仕入れたい人

枕を長く使用したい人

通気性の高い枕がほしい人

ホコリが気になり、マメに手入れできない人

クッション性が良く、ボリューム感のある枕が好みの人

 


 

そばがら

 

そばの実の種皮

 

メリット

 

適度な硬さで、安定感がある

 

通気性が良い

 

吸湿性と放湿性がよく日本の気候に適している

 

デメリット

 

そばアレルギーの危険性

 

虫がわきやすい

 

寿命が短い(1年)

 

おすすめできる人

おすすめできない人

枕を清潔に保つことを重点に置いている人

定期的な管理ができない人(カビや虫が湧く)

安定感のある枕がほしい人

そばアレルギーのある人

寝汗をよくかく人

枕を長年使いたい人

 


 

羽毛

 

水鳥の羽毛を使用!ホテルなどに使われる。

 

メリット

 

通気性が良い

 

吸湿性も良い

 

ふんわりとした感触が独特である

 

へたりにくい

 

デメリット

 

洗えない物がほとんど

 

羽アレルギーの危険性

 

ダニや虫が湧きやすい

 

安い物だとニオイがきつい

 

おすすめできる人

おすすめできない人

夏場でも蒸れにくい枕がほしい人

定期的な管理ができない人(ダニや虫が湧く)

空気を含んだ羽独特のふんわり感が好みの人

羽アレルギーのある人

ニオイに敏感な人

 


 

ひのき

 

檜や木くずなどの天然素材

 

メリット

 

ひのきの香りには、リラックス効果、鎮静効果がある

 

雑菌やニオイなどの衛生面がとにかく優れている

 

通気性が良い

 

デメリット

 

ひのきの香りも1ヵ月〜3ヶ月ほどしか持続しない

 

素材を入れ替えないと上記の香りの効果を得れない

 

水洗いができない

 

おすすめできる人

おすすめできない人

衛生面を重視している人

定期的な素材の入れ替えが面倒な人

硬い枕が好みの人

硬めの枕が苦手な人

香りによる睡眠効果を得たい人

 


 

低反発素材

 

ポリウレタンを発泡させたもの。

 

メリット

 

耐圧分散をしてくれる

 

どんjな状況でもフィット感は良く、包み込まれるような寝心地を得れる

 

デメリット

 

通気性が悪く蒸れやすい

 

値段がそれなりに高い

 

寝返りが打ちづらい

 

寒くなると少し硬くなる

 

おすすめできる人

おすすめできない人

寝心地を重視したい人

寝汗をよくかく人

安定感のある枕がほしい人

寝返りをよく打つ人

枕を清潔に保ちたい人

 


 

高反発素材(ラテックス)

 

ラテックス(天然ゴム100%)でできている。

 

メリット

 

頸椎をしっかりとサポートするため、肩へ負担が少ない

 

反発力もあるため、寝返りが打ちやすい

 

通気性も優れている

 

雑菌作用もあり、衛生面が良い

 

デメリット

 

デメリットがほとんどない代わりに価格が高い

 

ゴムアレルギーの危険性がある

 

おすすめできる人

おすすめできない人

朝起きた時に肩コリが気になる人

ゴムアレルギーの人

清潔に保ちたい人

ゴム独特のニオイが気になる人

楽な寝返りを求める人